FC2ブログ

月の栞

本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか? 本の虫『つきの』が、あなたの本の旅のお手伝いをします。

「 絶対に正しいことなんかこの世にはないのですと美弥子は云った

 出典:『今昔百鬼拾遺「天狗」』京極夏彦  より


今回は京極夏彦さんの『今昔百鬼拾遺』三部作の最新作「天狗」のご紹介です。

この作品は…
京極堂シリーズのスピンオフ作品になります。
妹であり【稀譚月報】記者・中禅寺敦子「鬼」「河童」に続き、呉美由紀、今回登場の篠村美弥子と共に女性たちの失踪と死の連鎖の謎に挑みます。

京極堂の蘊蓄を楽しみにしている方には少々もの足りない感じもあるかもしれません。
今回は「男尊女卑」や「家制度」という旧弊な問題が軸になっているのですが、それは今の時代よりももっと簡単にはいかないことだったろうと思われます。

だからこそ、多くを割いて文中で語られる美由紀と美弥子の問答に色々なことを考えさせられます。
今の時代背景で語られるのではなくて、昭和のあの時代で語らせることで、事件への怒り、そして犯人の愚かさが、やり切れない思いと共に強く心に刻まれるのです。

京極堂シリーズではいつも心に深く響く”言葉”があるのですが、この作品でも沢山ありました。
是非、読んで確かめてみていただきたいと思います。

『今昔百鬼拾遺』三部作

今昔百鬼拾遺 鬼 (講談社タイガ) [ 京極 夏彦 ]

価格:745円
(2019/7/28 06:32時点)
感想(1件)

今昔百鬼拾遺 河童 (角川文庫) [ 京極 夏彦 ]

価格:820円
(2019/7/28 06:34時点)
感想(4件)

今昔百鬼拾遺 天狗 (新潮文庫) [ 京極 夏彦 ]

価格:766円
(2019/7/28 06:35時点)
感想(1件)

スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

Information

つきの
  • Author: つきの
  • 『つきの』の本棚にようこそ!
    本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか?

Search

Calendar

08 « 2019/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

“ご訪問ありがとうございます”

web拍手 by FC2

アクセスカウンター

ブログランキング

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2アフィリエイト

楽天

NETOFF(ネットオフ)

ネット書店

電子書籍

アフィリエイト関係

レンタルサーバー

ポイントサービス・懸賞