FC2ブログ

月の栞

本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか? 本の虫『つきの』が、あなたの本の旅のお手伝いをします。

「 クリス、よく聞きなさい。迷うのは人間として仕方ない。
だが、一度決めたら、最後まで信じることをやめてはいけない。
人生は迷いの中から信じるべきものを探していく作業だ。
父さんはクリスが強くなるのを信じている」

 出典:『少年検閲官』北山猛邦  より


今回は、北山猛邦さんの「少年検閲官」をご紹介します。

この本は……
書物が駆逐される世界。旅を続ける英国人少年クリスは、不可解な事件に遭遇する。
そんな中、クリスはミステリを検閲するために育てられた少年エノに出会うが……。
「少年検閲官」シリーズの第1弾です。

まず独特の奇妙なパラレルワールドの世界観に引き込まれます。
津波や洪水などで国々は浸蝕されつつあり、書物は禁止されています。
死が溢れすぎていて、死から逃げ続けた挙句、書物によって(特にミステリ小説など)受ける野蛮な思想の影響を受ける事の無いように一斉焚書により、あらゆる凶悪『犯罪』は撲滅されたということに”なっている”世界。
安全な情報だけを流すラジオ。感情を失ったかのような大人たち。

クリスの父は潜水艦乗りでしたが、航行中に何らかの衝撃を受け沈没。
そのまま乗組員達は海底で閉じ込められて、ゆっくりと死んでいきました。
そのわずかな時間、家族たちと無線で話すことができ、その父が遺した言葉が冒頭の言葉です。

クリスは父が記憶していた『ミステリ』の名作を聞いて育ちました。
その中に登場する『探偵』に憧れながら。

そうして父が亡くなった後、失われたミステリーを探す旅に出て、殺人事件に遭遇することになります。
それも犯人は『探偵』?

ホラーやダークファンタジーのようでもある雰囲気からミステリ部分を忘れがちになりますが、謎ときの
パートになると、それまでの伏線や話の流れが、特殊な世界観を含めて一つの真相に帰結していく様は衝撃であり見事でした。

続巻もあるようなので、ここで出会った少年たちのその後も、この世界のなりゆきも気になります。
この奇妙な世界観の魅力を是非味わってみてください。

「少年検閲官」

少年検閲官 (創元推理文庫) [ 北山猛邦 ]

価格:842円
(2019/8/26 05:56時点)
感想(0件)

【中古】 少年検閲官 / 北山 猛邦 / 東京創元社 [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:323円
(2019/8/26 05:57時点)
感想(0件)

【中古】 少年検閲官 ミステリ・フロンティア/北山猛邦【著】 【中古】afb

価格:198円
(2019/8/26 06:01時点)
感想(0件)

スポンサーサイト



このページのトップへ

Information

つきの
  • Author: つきの
  • 『つきの』の本棚にようこそ!
    本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか?

Search

Calendar

09 « 2019/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

“ご訪問ありがとうございます”

web拍手 by FC2

アクセスカウンター

ブログランキング

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2アフィリエイト

楽天

NETOFF(ネットオフ)

ネット書店

電子書籍

アフィリエイト関係

レンタルサーバー

ポイントサービス・懸賞