FC2ブログ

月の栞

本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか? 本の虫『つきの』が、あなたの本の旅のお手伝いをします。

「 誰が泣いとるんじゃろうか。
いや、何が啼いとるんじゃろうか。

 出典:『 夜啼きの森 』岩井志麻子  より


今回は岩井志麻子さんの長編「夜啼きの森」です。

岩井さんの作品といえばデビュー作でもある「ぼっけえ、きょうてえ」(岡山弁で“とても怖い”という意味)が有名です。表題作を含めた中編4本、全編、岡山弁で語られています。

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫) [ 岩井 志麻子 ]

価格:604円
(2019/4/10 19:33時点)
感想(32件)


そして、この「夜啼きの森」も昔の岡山北部寒村が舞台。
この物語は実際の事件「津山三十人殺し」をベースにしています。
犯人の都井睦雄から作者はこの作品の糸井辰男という人物を創り上げました。

同事件をモデルにした作品といえば「八つ墓村」のイメージが強いのですが、これは映画などの、あの衝撃的なシーンゆえもあるのかもしれません。

この作品では“辰男”の視点でなく、彼を取り巻く村人達の視点から書かれています。
事件(大量殺戮)に至るまでの昏く粘りつくような閉塞感。
飢えや貧困を加速させていく時代背景、鬱屈した毎日。
閉鎖的な村の歪んだ因習が狂気を蓄積させていき、満月の夜、辰男は異形の鬼と化す。
そして、村人からも妻や姑からも馬鹿にされている虔吉
彼が自分の代わりとして辰男に重ねる思いとその最期は何とも切ない。

人の心の闇の深さ。
そして闇に囚われたものの凄まじさ、何と哀しく寂寥たる荒野をいかねばならないものか。

冒頭の「誰が泣いとるんじゃろうか。いや、何が啼いとるんじゃろうか。」という言葉。
終章の最後の方でも語られます。
”人でないもの”になってしまった”あの子ら”が啼く森。

空には大きな満月。

夜啼きの森【電子書籍】[ 岩井 志麻子 ]

価格:540円
(2019/4/10 22:18時点)
感想(1件)


【中古】 夜啼きの森 / 岩井 志麻子 / 角川書店 [単行本]【メール便送料無料】

価格:299円
(2019/4/10 22:20時点)
感想(0件)

スポンサーサイト



このページのトップへ

Information

つきの
  • Author: つきの
  • 『つきの』の本棚にようこそ!
    本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか?

Search

Calendar

09 « 2019/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

“ご訪問ありがとうございます”

web拍手 by FC2

アクセスカウンター

ブログランキング

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2アフィリエイト

楽天

NETOFF(ネットオフ)

ネット書店

電子書籍

アフィリエイト関係

レンタルサーバー

ポイントサービス・懸賞