FC2ブログ

月の栞

本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか? 本の虫『つきの』が、あなたの本の旅のお手伝いをします。

「 汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気づき
汚れつちまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる…… 」

 出典:『汚れつちまつた悲しみに……』中原中也  より


今回は、中原中也の詩集「汚れつちまつた悲しみに……」をご紹介したいと思います。

中原中也といえばこの「汚れつちまつた~」の詩があまりにも有名です。
わたし自身、中原中也の詩の中で好きなものを選ぶとしたら、絶対に入れたい一編です。

中原中也は30歳という若さで亡くなりました。
詩人への道を決意した18、9歳のころの写真をご覧になられた方も多いと思います。
黒帽子を被った中也の大きな瞳は何とも印象的です。

しかし本人はかなりエキセントリックな一面もあって酒乱だったともいわれています。
結婚して妻子もいましたが、我が子に幼くして先立たれ、ショックで精神が不安定になってしまいました。
「また来ん春……」という詩は中也がその哀しみをうたった詩です。
親としての途方に暮れるような、やるせなさが胸を打ちます。

他にも「サーカス」「北の海」「骨」などの好きな詩と、読み返すたびに、また別の詩が心に引っかかってくることもあり、わたしにとっての中原中也の詩はずっと手元に置いて読み返したいものです。

決して長くはなかった人生、挫折や辛い別れの日々、聖人君子などではない欠点だらけの、でもその人間らしさが、わたしを強く惹きつけるのかもしれません。

中原中也詩集「汚れつちまつた悲しみに……」

汚れつちまつた悲しみに… 中原中也詩集 (集英社文庫) [ 中原中也 ]

価格:410円
(2019/6/23 05:15時点)
感想(28件)

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫) [ 中原 中也 ]

価格:604円
(2019/6/23 05:16時点)
感想(1件)

【中古】 汚れつちまつた悲しみに… 中原中也詩集 集英社文庫/中原中也【著】 【中古】afb

価格:108円
(2019/6/23 05:18時点)
感想(0件)

スポンサーサイト
このページのトップへ
「 ゆっくり歩いて行けば
明日には間に合わなくても
来世の村に辿りつくだろう
葉書を出し忘れたら 歩いて届けてもいい
走っても 走っても オリイブ畑は
つきないのだから
いそがなくてもいいんだよ
種をまく人のあるく速度で
あるいてゆけばいい

**「 南の絵本 」 より抜粋

 出典:『  いそがなくてもいいんだよ  』岸田衿子  より


今日は昨日に引き続き詩集のご紹介です。
茨木のり子さん、石垣りんさんと同じくらいわたしが好きなのが、岸田衿子さん。

ご存知の方も多いと思いますが、岸田衿子さんは女優岸田今日子さんのお姉さんで、テレビアニメ「世界名作劇場」「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「あらいぐまラスカル」「赤毛のアン」主題歌の作詞をされた方でもあります。
童話作家でもあり、沢山の童話や絵本も書かれています。

実は岸田さんの詩を最初に読んだのは、この詩集でなのです。
「いそがなくてもいいんだよ」という題名に心惹かれてページを開くと、最初に小さな花の絵が描かれていました。
挿絵古矢一穂さんという方。繊細で優しい絵で詩の世界観にぴったりです。

そして最初の詩が「南の絵本」
そっと寄り添うように書かれた言葉 “種をまく人のあるく速度であるいてゆけばいい”は心に沁みるようでした。

そんな最初の出逢いから、何度この詩集を読み返してきたでしょうか。
数年前に母が亡くなった後、ふと手に取って開いたのは「忘れた秋」という詩のページでした。
副題に“母 秋子(ときこ)に”とあります。
少し長くなりますが、ご紹介させてください。

「どうしてあの人はここにいるのだろう
私たちといっしょにこの夜明け
昨日より大きくなった月の下に
昨日と同じ寝床の上に

なぜこの人はたった今
息をしなくなったのだろう
私たちがふと話やんだ時のように
また昨日すやすや眠っていたように

もうあなたは話してはいけないと
誰がこの人に告げるのだろう
きっと私たちより早く知りたいのに

昨日よりもっと静かなこの人は
どうしてまだここにいるのだろう
私たちといっしょの月のいい晩に」

ここにはただ静寂があります。
涙を流す前の。
呆然として止まった時間の中に佇むような。
昨日と今日の決定的な違いに“どうして”と作者は呟くのです。

そしてこの詩集は以前に増して、わたしにとって忘れえぬ本になりました。

新品)

いそがなくてもいいんだよ/岸田衿子【1000円以上送料無料】

価格:1,350円
(2019/3/22 03:06時点)
感想(0件)

いそがなくてもいいんだよ [ 岸田衿子 ]

価格:1,350円
(2019/3/22 03:08時点)
感想(0件)


中古)

【中古】いそがなくてもいいんだよ /童話屋/岸田衿子 (文庫)

価格:896円
(2019/3/22 03:10時点)
感想(0件)

このページのトップへ
「 夏みかん
そんなつややかさで
苦労というものも
たわわな実りかたをしてくれないか

顔をしかめながらも
むしゃぶりつきたくなるような

**「 夏みかん 」 より抜粋

 出典:『 レモンとねずみ 』石垣りん  より


今日は茨木のり子さんと交友の深かった石垣りんさんの詩集を続けてご紹介したいと思います。

この「レモンとねずみ」という詩集は没後に童話屋さんから出版された第二詞華集(アンソロジー)です。
第一詞華集「空をかついで」同じく童話屋詩文庫)
「レモンとねずみ」には石垣りんさんの未刊詩より40篇が収録されました。
谷川俊太郎さんと茨木のり子さんの弔辞も収められています。

石垣りんさんといえば「表札」が有名ですね。
※「表札」は「レモンとねずみ」ではなく、第一詞華集「空をかついで」に収録されています
“自分の住むところには 自分の手で表札をかけるに限る。 精神の在り場所も ハタから表札をかけられてはならない”
この、きっぱりと潔い言葉。

石垣さんの詩は綺麗なだけではありません。
等身大の生活者の視点から“生きる”ことの苦(にが)さ、悲しさ、心の叫びが描かれています。でも決して声高ではない。
力強くも温かく、時にユーモラスに詩人は詠(うた)います。
そこには人間への愛おしさがあります。

今回、この第二詞華集である「レモンとねずみ」の方をご紹介したのは、この詩集が未刊詩の40篇を選んでまとめられているということと谷川俊太郎さんと茨木のり子さんの弔辞も収められているというところから。
「表札」は知っているけど他の詩はあまり…という方に是非読んでいただきたい詩集です。

☆童話屋詩文庫は装丁も美しくてお勧めです

新品)

レモンとねずみ [ 石垣りん ]

価格:1,350円
(2019/3/21 05:51時点)
感想(3件)


レモンとねずみ/石垣りん【1000円以上送料無料】

価格:1,350円
(2019/3/21 06:11時点)
感想(0件)


中古)

【中古】 レモンとねずみ /石垣りん【著】 【中古】afb

価格:713円
(2019/3/21 06:08時点)
感想(0件)


☆伊藤比呂美 編のこちらも

石垣りん詩集 (岩波文庫) [ 石垣りん ]

価格:799円
(2019/3/21 05:26時点)
感想(2件)


※次回も詩集のご紹介が続きます→岸田衿子さん
もう少しお付き合いくださいね。
このページのトップへ
「 この失敗にもかかわらず
私もまた生きてゆかなければならない
なぜかは知らず
生きている以上 生きものの味方をして 」

**「 この失敗にもかかわらず 」 より抜粋

 出典:『 おんなのことば 』茨木のり子  より


今日は詩集をご紹介しますね。
好きな詩人は何人かいますが、その一人に茨木のり子さんがいます。
この「おんなのことば」という詩集は詞華集(アンソロジー)として童話屋さんから出版されたものです。

茨木さんといえば「自分の感受性くらい」という詩が有名で、これはわたしも好きな詩です。
丸まった背中がピンと伸びるような、人生に俯きかけた時に読みたくなる大切な詩で、この詞華集では一番最初に載っています。

他にも「自分の感受性くらい」と対のように最後に置かれた「汲(く)むーY・Yにー」という詩の深さは歳を重ねてこそ、しみじみとわかるものかもしれません。

私事ですが、元々、本を読むことが好きだったわたしが自分で“詩を書く”ようになったのは、それでも随分と遅かったように思います。
皮肉なもので人間は(わたしは?)幸せな時よりも悲しい時、苦しい時の方が心が敏感になって、内に秘めた感情が発露するようです。
辛い時ほど、人は自分自身と嫌でも向き合わずにはいられないからでしょうか。

この「おんなのことば」という詩集は友人から贈られたもので、大切に何度も読み返しているのですが、今回「この失敗にもかかわらず」から引用させていただきました。

失敗にもかかわらず、生きてゆかなくてはならない「私」
なぜかは知らず そう、答えはないままに、それでも。

凛とした後ろ姿がみえるような詩です。

茨木さんの詩に惹かれるのは、厳しさの中の温もり、生きることへの慈しみの視線を感じるからかもしれません。

☆装丁も美しい本です

「おんなのことば」
新品)

おんなのことば [ 茨木のり子 ]

価格:1,620円
(2019/3/20 04:58時点)
感想(23件)

中古)

【中古】単行本(小説・エッセイ) おんなのことば / 茨木のり子【中古】afb

価格:810円
(2019/3/20 05:00時点)
感想(0件)


☆他にも 谷川俊太郎 選 のこちらもあります
新品)

茨木のり子詩集 (岩波文庫) [ 茨木のり子 ]

価格:756円
(2019/3/20 05:04時点)
感想(4件)

中古)

【中古】 茨木のり子詩集 岩波文庫/茨木のり子【著】,谷川俊太郎【選】 【中古】afb

価格:713円
(2019/3/20 05:13時点)
感想(0件)


※次回は茨木のり子さんと交友の深かった石垣りんさんをご紹介します

このページのトップへ

Information

つきの
  • Author: つきの
  • 『つきの』の本棚にようこそ!
    本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか?

Search

Calendar

07 « 2019/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

“ご訪問ありがとうございます”

web拍手 by FC2

アクセスカウンター

ブログランキング

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2アフィリエイト

楽天

ネット書店

電子書籍

アフィリエイト関係

レンタルサーバー

ポイントサービス・懸賞