FC2ブログ

月の栞

本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか? 本の虫『つきの』が、あなたの本の旅のお手伝いをします。

「 ゆっくり歩いて行けば
明日には間に合わなくても
来世の村に辿りつくだろう
葉書を出し忘れたら 歩いて届けてもいい
走っても 走っても オリイブ畑は
つきないのだから
いそがなくてもいいんだよ
種をまく人のあるく速度で
あるいてゆけばいい

**「 南の絵本 」 より抜粋

 出典:『  いそがなくてもいいんだよ  』岸田衿子  より


今日は昨日に引き続き詩集のご紹介です。
茨木のり子さん、石垣りんさんと同じくらいわたしが好きなのが、岸田衿子さん。

ご存知の方も多いと思いますが、岸田衿子さんは女優岸田今日子さんのお姉さんで、テレビアニメ「世界名作劇場」「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「あらいぐまラスカル」「赤毛のアン」主題歌の作詞をされた方でもあります。
童話作家でもあり、沢山の童話や絵本も書かれています。

実は岸田さんの詩を最初に読んだのは、この詩集でなのです。
「いそがなくてもいいんだよ」という題名に心惹かれてページを開くと、最初に小さな花の絵が描かれていました。
挿絵古矢一穂さんという方。繊細で優しい絵で詩の世界観にぴったりです。

そして最初の詩が「南の絵本」
そっと寄り添うように書かれた言葉 “種をまく人のあるく速度であるいてゆけばいい”は心に沁みるようでした。

そんな最初の出逢いから、何度この詩集を読み返してきたでしょうか。
数年前に母が亡くなった後、ふと手に取って開いたのは「忘れた秋」という詩のページでした。
副題に“母 秋子(ときこ)に”とあります。
少し長くなりますが、ご紹介させてください。

「どうしてあの人はここにいるのだろう
私たちといっしょにこの夜明け
昨日より大きくなった月の下に
昨日と同じ寝床の上に

なぜこの人はたった今
息をしなくなったのだろう
私たちがふと話やんだ時のように
また昨日すやすや眠っていたように

もうあなたは話してはいけないと
誰がこの人に告げるのだろう
きっと私たちより早く知りたいのに

昨日よりもっと静かなこの人は
どうしてまだここにいるのだろう
私たちといっしょの月のいい晩に」

ここにはただ静寂があります。
涙を流す前の。
呆然として止まった時間の中に佇むような。
昨日と今日の決定的な違いに“どうして”と作者は呟くのです。

そしてこの詩集は以前に増して、わたしにとって忘れえぬ本になりました。

新品)

いそがなくてもいいんだよ/岸田衿子【1000円以上送料無料】

価格:1,350円
(2019/3/22 03:06時点)
感想(0件)

いそがなくてもいいんだよ [ 岸田衿子 ]

価格:1,350円
(2019/3/22 03:08時点)
感想(0件)


中古)

【中古】いそがなくてもいいんだよ /童話屋/岸田衿子 (文庫)

価格:896円
(2019/3/22 03:10時点)
感想(0件)

スポンサーサイト



このページのトップへ

Information

つきの
  • Author: つきの
  • 『つきの』の本棚にようこそ!
    本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか?

Search

Calendar

09 « 2019/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

“ご訪問ありがとうございます”

web拍手 by FC2

アクセスカウンター

ブログランキング

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2アフィリエイト

楽天

NETOFF(ネットオフ)

ネット書店

電子書籍

アフィリエイト関係

レンタルサーバー

ポイントサービス・懸賞