FC2ブログ

月の栞

本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか? 本の虫『つきの』が、あなたの本の旅のお手伝いをします。

「 クリス、よく聞きなさい。迷うのは人間として仕方ない。
だが、一度決めたら、最後まで信じることをやめてはいけない。
人生は迷いの中から信じるべきものを探していく作業だ。
父さんはクリスが強くなるのを信じている」

 出典:『少年検閲官』北山猛邦  より


今回は、北山猛邦さんの「少年検閲官」をご紹介します。

この本は……
書物が駆逐される世界。旅を続ける英国人少年クリスは、不可解な事件に遭遇する。
そんな中、クリスはミステリを検閲するために育てられた少年エノに出会うが……。
「少年検閲官」シリーズの第1弾です。

まず独特の奇妙なパラレルワールドの世界観に引き込まれます。
津波や洪水などで国々は浸蝕されつつあり、書物は禁止されています。
死が溢れすぎていて、死から逃げ続けた挙句、書物によって(特にミステリ小説など)受ける野蛮な思想の影響を受ける事の無いように一斉焚書により、あらゆる凶悪『犯罪』は撲滅されたということに”なっている”世界。
安全な情報だけを流すラジオ。感情を失ったかのような大人たち。

クリスの父は潜水艦乗りでしたが、航行中に何らかの衝撃を受け沈没。
そのまま乗組員達は海底で閉じ込められて、ゆっくりと死んでいきました。
そのわずかな時間、家族たちと無線で話すことができ、その父が遺した言葉が冒頭の言葉です。

クリスは父が記憶していた『ミステリ』の名作を聞いて育ちました。
その中に登場する『探偵』に憧れながら。

そうして父が亡くなった後、失われたミステリーを探す旅に出て、殺人事件に遭遇することになります。
それも犯人は『探偵』?

ホラーやダークファンタジーのようでもある雰囲気からミステリ部分を忘れがちになりますが、謎ときの
パートになると、それまでの伏線や話の流れが、特殊な世界観を含めて一つの真相に帰結していく様は衝撃であり見事でした。

続巻もあるようなので、ここで出会った少年たちのその後も、この世界のなりゆきも気になります。
この奇妙な世界観の魅力を是非味わってみてください。

「少年検閲官」

少年検閲官 (創元推理文庫) [ 北山猛邦 ]

価格:842円
(2019/8/26 05:56時点)
感想(0件)

【中古】 少年検閲官 / 北山 猛邦 / 東京創元社 [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:323円
(2019/8/26 05:57時点)
感想(0件)

【中古】 少年検閲官 ミステリ・フロンティア/北山猛邦【著】 【中古】afb

価格:198円
(2019/8/26 06:01時点)
感想(0件)

スポンサーサイト



このページのトップへ
「 絶対に正しいことなんかこの世にはないのですと美弥子は云った

 出典:『今昔百鬼拾遺「天狗」』京極夏彦  より


今回は京極夏彦さんの『今昔百鬼拾遺』三部作の最新作「天狗」のご紹介です。

この作品は…
京極堂シリーズのスピンオフ作品になります。
妹であり【稀譚月報】記者・中禅寺敦子「鬼」「河童」に続き、呉美由紀、今回登場の篠村美弥子と共に女性たちの失踪と死の連鎖の謎に挑みます。

京極堂の蘊蓄を楽しみにしている方には少々もの足りない感じもあるかもしれません。
今回は「男尊女卑」や「家制度」という旧弊な問題が軸になっているのですが、それは今の時代よりももっと簡単にはいかないことだったろうと思われます。

だからこそ、多くを割いて文中で語られる美由紀と美弥子の問答に色々なことを考えさせられます。
今の時代背景で語られるのではなくて、昭和のあの時代で語らせることで、事件への怒り、そして犯人の愚かさが、やり切れない思いと共に強く心に刻まれるのです。

京極堂シリーズではいつも心に深く響く”言葉”があるのですが、この作品でも沢山ありました。
是非、読んで確かめてみていただきたいと思います。

『今昔百鬼拾遺』三部作

今昔百鬼拾遺 鬼 (講談社タイガ) [ 京極 夏彦 ]

価格:745円
(2019/7/28 06:32時点)
感想(1件)

今昔百鬼拾遺 河童 (角川文庫) [ 京極 夏彦 ]

価格:820円
(2019/7/28 06:34時点)
感想(4件)

今昔百鬼拾遺 天狗 (新潮文庫) [ 京極 夏彦 ]

価格:766円
(2019/7/28 06:35時点)
感想(1件)

このページのトップへ
「 ーーー流れろ。もっと流れていくことだ。
と、七本鰭はハルに話しかけた。
ーーー流れていく。もっと流れていく。
と、ハルは応えたのだった。」

 出典:『 水域 』 椎名誠 より


今回は椎名誠さんの「水域」をご紹介します。
これは椎名誠SF三部作(「アド・バード」『水域』(本作品)「武装島田倉庫」)の二番目に当たる作品です。

近未来と思われる陸地がないらしく水に覆われた地球
その世界を小さな鬼曳舟(きびきふね)で漂う青年ハル
ハルが出会う人々。美しいズーとの出会いとつかの間の愛の暮し。
ーーーこれは漂い流れ続けていくハルの物語。

椎名作品の特徴として、シーナワールドともいえる変てこな「名前」の数々があると思います。
しかし椎名さんは、この名付けに関してほとんど説明しません。
だから読者はその奇妙な名前を当たり前のように突きつけられるわけです。
でも不思議なことに、そのうち奇妙だったはずの名前が元から当たり前にあったような存在感を持ってきます。

そして勿論、この物語でも出会いや別れ、事件も起きますが、それでも一貫しているのは”流れている、流れていく”ということ。

非日常であるはずの漂流がここでは日常として描かれます。
SFというよりもSF的と呼びたくなるような不思議な世界をハルと一緒に漂流してみませんか。

「水域」

【中古】 水域 講談社文庫/椎名誠(著者) 【中古】afb

価格:108円
(2019/5/4 05:51時点)
感想(1件)

【中古】 水域 / 椎名 誠 / 講談社 [単行本]【メール便送料無料】

価格:299円
(2019/5/4 05:53時点)
感想(0件)

  このページのトップへ
「 そうですわね。いろいろありましたものねぇ。あなたは覚えておらず、私だけがいつまでも忘れられないことがね。

 出典:『 吸血鬼ハンター Dー邪神砦 』 菊地秀行 より


今回は菊地秀行さんの”吸血鬼ハンターシリーズ”から。
シリーズ13作目「Dー邪神砦」です。

「都」に向かう乗り合いの飛行車が貴族の”遊戯地”として恐れられている谷間に不時着。
操縦士以外生き残った、やくざ、酒場女、老夫婦、戦闘士、少年、そして、謎の”サクリ”と護送官ら二人
乗客たちは死の谷間から脱出することを決意しようとした、そこにDが現れ・・・。

この作品はあとがきで作者も書いていますが、異色作です。
冒頭の引用、実は最後の方での老婦人の台詞なのですが、わたしが一番この作品で心に響いた言葉です。
そして、ラストも。

前後に言葉がありますが、敢えてこの部分だけ抜萃しています。
書いてしまうとネタばらしになってしまうので、読んで確かめてみてくださいね。

「Dー邪神砦」

【中古】 D-邪神砦 吸血鬼ハンター 13 ソノラマセレクション/菊地秀行(著者) 【中古】afb

価格:298円
(2019/5/2 09:15時点)
感想(0件)

このページのトップへ
「 世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい
ーThe world is not beautiful.Therefore,it is.ー

 出典:『 キノの旅 』時雨沢恵一 より


今回は時雨沢恵一さんの「キノの旅」を。
二度のアニメ化もされた有名なシリーズ作品です。
わたしもこの一巻を初めて読んだのは随分前になりますが、不思議と思い出したように読みたくなります。

>>物語は・・・
主人公のキノが相棒の言葉を話すモトラド(二輪車で空を飛ばないもの)のエルメスと旅をしながら色々な国を巡っていくという連作短編形式です。

この、国というのが、それぞれの独特の価値観や制度があり、そこでキノとエルメスは三日間だけ滞在し(このキノが決めたルールにも意味があるわけですが)関わりを持ち、そして旅立っていきます。

キノの名の由来や何故キノとエルメスが旅をすることになったのかということも徐々にわかってきます。
キノはパースエイダーという銃を使いこなし、戦闘力も高く冷静で頭の回転も速い。
そして一見、淡々と旅をしている。
けれども物語の中で色々なことが明かされてくるうちにキノが決して感情を失くしてしまっているわけではないことがわかります。

世界は美しくなんかない。
行く先々の国々で人は時に身勝手で愚かで残酷だったりする。
けれどもそれゆえに哀しくも愛おしい。

キノ自身がきっと自分の愚かさや矮小さを自覚しながら旅をしているのです。
だから尚更、世界の醜さを知っても、そこにある一輪の花のような希望で救われたりするんじゃないかなと。
美しくなんかないけど、それ故に美しい。
だから
<キノの言葉>
「止めるのは、いつだってできる。だから、続けようと思う」
なのだと。

この言葉、わたしもいつも自分に言い聞かせています。

一話完結なので読みやすいと思います。
二巻以降もよろしければ是非!
キノとエルメスと不思議な国々を巡る旅に出かけませんか?

「キノの旅」
新品)

キノの旅 the Beautiful World (電撃文庫) [ 時雨沢恵一 ]

価格:572円
(2019/4/21 06:45時点)
感想(1件)

中古)

【中古】 キノの旅(I) the Beautiful World 電撃文庫/時雨沢恵一(著者),黒星紅白(著者) 【中古】afb

価格:108円
(2019/4/21 06:42時点)
感想(1件)

このページのトップへ

Information

つきの
  • Author: つきの
  • 『つきの』の本棚にようこそ!
    本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか?

Search

Calendar

08 « 2019/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

“ご訪問ありがとうございます”

web拍手 by FC2

アクセスカウンター

ブログランキング

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2アフィリエイト

楽天

NETOFF(ネットオフ)

ネット書店

電子書籍

アフィリエイト関係

レンタルサーバー

ポイントサービス・懸賞