FC2ブログ

月の栞

本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか? 本の虫『つきの』が、あなたの本の旅のお手伝いをします。

「 ミステリーとは、真実をめぐる物語であるーー
それ以上のものでもないし、それ以下のものでもない 」

 出典:『カササギ殺人事件』アンソニー・ホロヴィッツ  より


今回は、アンソニー・ホロヴィッツ「カササギ殺人事件」上・下をご紹介します。

この作品は・・・
このミステリーがすごい!2019年度版などのランキングを制覇した上・下巻の長編ミステリーです。
そしてアガサ・クリスティーへのオマージュ作品としても有名です。

【1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の死。それは不幸な事故と考えられたが・・・。】
この名探偵アティカス・ピュントシリーズの最新作原稿を自宅で読んでいる編集者スーザン
名探偵アティカス・ピュントが追う事件で占められる上巻(まさにクリスティーへのオマージュの作中作)
そしてそれから一転して下巻では・・・。

上巻がものすごく気になるところで終わるので、絶対に上下巻合わせての購入をお勧めしたいです。
まさに一作品で二作分楽しめます。

それと、みなさん書かれていると思いますが、この作品はできるだけ予備知識無しで堪能されて下さいね。
ということで、わたしもこの辺で・・・。

「カササギ殺人事件」上・下巻

カササギ殺人事件<上> (創元推理文庫) [ アンソニー・ホロヴィッツ ]

価格:1,080円
(2019/5/25 06:03時点)
感想(3件)

カササギ殺人事件<下> (創元推理文庫) [ アンソニー・ホロヴィッツ ]

価格:1,080円
(2019/5/25 06:04時点)
感想(2件)


**********

【中古】 カササギ殺人事件(上) 創元推理文庫/アンソニー・ホロヴィッツ(著者),山田蘭(訳者) 【中古】afb

価格:999円
(2019/5/25 06:06時点)
感想(0件)

【中古】 カササギ殺人事件(下) 創元推理文庫/アンソニー・ホロヴィッツ(著者),山田蘭(訳者) 【中古】afb

価格:999円
(2019/5/25 06:07時点)
感想(0件)

スポンサーサイト



このページのトップへ
「 時刻が過ぎた・・・・・・世界はめまぐるしく回った・・・・・・
時は動きがなく・・・・・・じっと立ち止まって
ーーー千年を過ごした・・・・・・
いや、一、二分たっただけだった・・・・・・」

 出典:『そして誰もいなくなった』アガサ・クリスティー  より


アガサ・クリスティー作品、最後のご紹介は舞台化、映画化もされている有名な
「そして誰もいなくなった」です。
ご存知の方も多いと思いますが、一応、この作品は・・・
絶海の孤島にあるホテル。
ここにさまざまな職業、年齢、経歴の十人が、ある富豪から招待されます。
ところが招待状の主であるU・N・オーエンは姿を見せず、晩餐の席でどこからともなく客たちの過去の罪を告発する声が・・・。
そしてマザーグースの童謡の歌詞通りに一人、また一人と殺されていく・・・。

アガサ・クリスティーの最高傑作との呼び声も高い本作ですが、まさに期待を裏切りません。
登場人物それぞれの抱える闇が告発の声をきっかけに少しずつ明らかになっていく。
一人、また一人と殺されていく中でのお互いへの疑心暗鬼。
それによってそれぞれの信頼関係も変化していきます。
オーエンとは誰だったのか?
そして最後にあなたは驚愕の”そして誰もいなくなった”真相を改めて知ることになるでしょう。

「そして誰もいなくなった」

【中古】 そして誰もいなくなった / アガサ・クリスティー / 早川書房 [文庫]【メール便送料無料】

価格:250円
(2019/5/20 18:48時点)
感想(0件)

【中古】そして誰もいなくなった-クリスティー文庫- / アガサ・クリスティー

価格:570円
(2019/5/20 18:49時点)
感想(0件)



【送料無料】アガサ・クリスティー そして誰もいなくなった/ダグラス・ブース[DVD]【返品種別A】

価格:6,804円
(2019/5/20 18:51時点)
感想(0件)

このページのトップへ
「 ええ、これはわたしにとっては謎の事件よ。
『メアリ・ジョーダンの死は自然死ではない。犯人はわたしたちのなかにいる。
わたしには誰だかわかっている』
ああ、トミー、これではどうしたって、ひどく好奇心をそそられるじゃないの」

 出典:『運命の裏木戸』アガサ・クリスティー  より


今回もアガサ・クリスティーの作品で”おしどり探偵”トミーとタペンスシリーズから「運命の裏木戸」をご紹介したいと思います。

この作品は・・・
のどかな生活を求めて田舎の家へと越してきたトミーとタペンス夫婦。
ところが引っ越し先の家で発見した古本には「メアリの死は自然死ではない」というメッセージが…。
トミーとタペンスシリーズ最後の作品です。

初登場の「秘密機関」では”二人の歳を合わせても45にもならなかった”トミーとタペンスですが、この最終作品では共に75歳前後と老境にさしかかっています。

クリスティ自身も80歳を越えて書かれた実質的な遺作でもあります。
それだけに二人の若かりし頃の作品のようにスリル溢れるというわけではないのですけれど、老境に入った二人が(特にタペンスが)相変わらず生き生きと描かれているのが魅力です。

昔の事件を解決するというのはクリスティの他の探偵ものでも良くあるのですが、これは昔の事件(陰謀?)が現在進行しつつある陰謀へと繋がっていることが徐々に浮き彫りになってきて、トミーとタペンスはそれに巻き込まれて(自ら飛び込んで?)いくことになります。

そういう背景もあり、内容が掴みにくい部分もありますが、のんびりじっくりと読むことで補い楽しめると思います。
あなたがトミーとタペンスシリーズのファンなら歳を重ねてもなお、いたわりあい人生を楽しんでいるその後の二人の姿に微笑まれることでしょうし、初めてトミーとタペンスのシリーズを知ったという方は、一度この本を閉じて、若かりし二人に会いに「秘密機関」から順番に読まれるのも楽しいかと思います。

【トミーとタペンスシリーズ】
長編)
「秘密機関」

【中古】 秘密機関 / アガサ・クリスティー / 早川書房 [文庫]【メール便送料無料】

価格:299円
(2019/5/18 06:56時点)
感想(0件)


「NかMか」

【中古】 NかMか / アガサ・クリスティー / 早川書房 [文庫]【メール便送料無料】

価格:299円
(2019/5/18 06:59時点)
感想(1件)


「親指のうずき」

【中古】 親指のうずき / アガサ・クリスティー / 早川書房 [文庫]【メール便送料無料】

価格:302円
(2019/5/18 07:03時点)
感想(1件)


「運命の裏木戸」

【新品】【本】運命の裏木戸 アガサ・クリスティー/著 中村能三/訳

価格:993円
(2019/5/18 07:06時点)
感想(0件)


短編集)
「おしどり探偵」

【中古】 おしどり探偵 / アガサ・クリスティー / 早川書房 [文庫]【宅配便出荷】

価格:269円
(2019/5/18 07:13時点)
感想(0件)

このページのトップへ
「 そうでしょう。あなたは、一生のうちで、他人がどう感じるだろうか、ということを気にかけたことのない人です。そういう心づかいがいままでにあったら、もっと幸福になっていたかもしれません

 出典:『五匹の子豚』アガサ・クリスティー  より


前回に続いて、アガサ・クリスティーの作品から”灰色の脳細胞”エルキュール・ポアロシリーズの「五匹の子豚」をご紹介したいと思います。

この作品は・・・
16年前に高名な画家である夫殺しの罪で死刑を宣告され獄中死した妻。
その娘は結婚を控えた現在、改めて母の無実を信じ、真実を知りたいとポアロを訪ねます。
真摯な訴えに心を動かされたポアロは過去へと時間を遡り、その当時の状況を再現していくのです。
灰色の脳細胞ポアロが関係者五人の手記を通してあばき出す意外な真実とは?

これはポアロが過去の事件を扱った作品です。
「五匹の子豚」というのはマザーグースからの引用でポアロが登場人物からマザーグースを連想し五人の関係者を五匹の子豚になぞらえたことから。
五人のその当時の関係者の証言や手記によって当時、単純と思われていた事件に色々な側面があったことが明らかになってきます。

過去の事件なのでどちらかというと静かに物語は進んでいきます。
でもその中で人間心理と情景描写がとても良く描かれているので、最後のどんでん返しと真犯人までいきついた時に何ともいえない余韻が残ります。
クリスティ作品の中で知名度的にはあまり高くはないのですが、印象深い傑作なので未読の方は是非!

「五匹の子豚」

五匹の子豚 / 原タイトル:Five Little Pigs (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 21)[本/雑誌] (文庫) / アガサ・クリスティー 山本やよい

価格:929円
(2019/5/14 21:03時点)
感想(0件)

【新品】【本】五匹の子豚 アガサ・クリスティー/著 山本やよい/訳

価格:928円
(2019/5/14 21:05時点)
感想(0件)

【中古】五匹の子豚 / アガサ・クリスティー

価格:298円
(2019/5/14 21:06時点)
感想(0件)

このページのトップへ
「 まぁ、牧師さん!あなたってほんとに浮世離れした方ですわね。
わたしくらい長いこと人間の本性というものを観てくると、多くのことを期待しなくなるものなんです。そりゃ、くだらないおしゃべりは大変に良くないことだし、冷酷なものですわ。でもね、ずいぶんと真実をついていることがあるんですのよ、ちがいまして?

 出典:『牧師館の殺人』アガサ・クリスティー  より


今回からしばらく、わたしの好きなアガサ・クリスティーの作品をご紹介していきたいと思います。
クリスティーといえば、”灰色の脳細胞”エルキュール・ポアロ”好奇心旺盛な老婦人”ミス・マープルことジェーン・マープル”おしどり探偵”トミーとタペンスなどの名探偵が有名です。

どのシリーズもそれぞれに魅力的なので本当は全部ご紹介していきたいのですが、とりあえずはそれぞれの名探偵たちのシリーズから一冊ずつと、それ以外の作品から一冊を予定しています。

第一回はミス・マープル作品の中から長編登場第一作目の「牧師館の殺人」です。

セント・メアリ・ミードという閑静な村に住む好奇心旺盛でおしゃべりな老婦人ミス・マープル。彼女は持ち前の深い洞察力と鋭い観察力で村の牧師館で発生した村の治安判事殺人事件の真相へと迫っていきます。

何でもないような見過ごしてしまいそうな噂話や出来事が実は伏線になっていたり、二転三転しながら真相へと一気に読ませていくのはクリスティならでは!
そしてミス・マープルがとても魅力的なのです。ただの穿鑿好きというだけでなくその本領発揮は人間観察眼の鋭さにあります。
最初は苦手意識を持っていたり煙たがったりしている周りの人たちが最後にはマープルのことを頼りにして好きになっているのも、彼女が厳しくも温かい目を持っているからでしょう。

クリスティの名探偵たちの中でも一番好きなミス・マープル。祖母を想い出すからかもしれません。

「牧師館の殺人」

牧師館の殺人/アガサ・クリスティー/羽田詩津子【1000円以上送料無料】

価格:993円
(2019/5/11 07:14時点)
感想(0件)

【新品】【本】牧師館の殺人 アガサ・クリスティー/著 羽田詩津子/訳

価格:993円
(2019/5/11 07:09時点)
感想(0件)

【中古】牧師館の殺人 / アガサ・クリスティー

価格:298円
(2019/5/11 07:10時点)
感想(0件)

このページのトップへ

Information

つきの
  • Author: つきの
  • 『つきの』の本棚にようこそ!
    本の扉を開けて色々な物語の旅に出かけませんか?

Search

Calendar

09 « 2019/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

“ご訪問ありがとうございます”

web拍手 by FC2

アクセスカウンター

ブログランキング

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2アフィリエイト

楽天

NETOFF(ネットオフ)

ネット書店

電子書籍

アフィリエイト関係

レンタルサーバー

ポイントサービス・懸賞